セミナー情報Seminar & Event

6/16(金)「GRANDIT」セミナー【導入担当者が語る商社業界向けERP導入のポイント】

20170616header02

双日システムズが従前より得意とする商社業界へのERP(GRANDIT)の導入に関して、最新ユーザである堺商事様の導入事例をご紹介します。
まずは基調講演としてフロンティアワンの鍋野様に「IoT時代にERPに求められる条件」を商社向けに解りやすくご紹介いただきます。
次に2017年4月に本番稼働を迎えた堺商事様へのGRANDIT導入事例を、選考理由や追加要望への対応方法等現場に則して導入担当者がご紹介いたします。
最後にウイングアーク1st様より最近のユーザ様では必須要件となりつつある電子帳簿保存法対応に有効なツールをGRANDITとの連携事例を交えてご紹介いたします。
商社業界で基幹システム刷新を検討中のユーザ様必見のプログラムをご提供します。

開催概要

日 時

2017年6月16日(金)14:00-16:30 (13:30開場)

会 場

ベルサール八重洲 Room A

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル

対 象 商社業界の経営企画、情報システム、経理・営業業務ご担当者様
主 催 双日システムズ株式会社
共 催 ウイングアーク1st株式会社
定 員 50名 ※お申し込み多数の場合、抽選でのご案内とさせていただきます。
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

基調講演


14:00~15:00

IoT時代のERPに求められる条件、商社編
~SoR+SoEに対応する次世代商社向けERPとは~

IoT時代に求められる基幹システムに求められる条件とは、 コスト削減や効率化など従来ERPのSoR機能に加えて、 成長戦略やデジタル・エコノミーに即応するSoEへの対応です。 本講演では、次世代商社向けERPについてのイメージを 業種別トレンドとIoT、AI/RPA、AR/VRなど最新テクノロジーを 織り交ぜて解りやすくご紹介します。


株式会社フロンティアワン 代表取締役 鍋野敬一郎講演者 株式会社フロンティアワン
代表取締役

鍋野敬一郎

※鍋野氏が執筆中のコラム「ERP再生計画」はコチラからご覧いただけます。

講演Ⅱ


15:00~15:40

GRANDIT導入事例 ~堺商事様~

2017年4月に基幹システムをGRANDITで再構築した堺商事様の導入事例を導入担当者からご紹介します。輸入、輸出、三国間と商社として求められる機能満載の堺商事様業務をGRANDITの基幹Suite(販売、調達・在庫、経理、債権、債務)に個別開発して構築しました。選定基準や追加機能への対応、導入時の課題と解決策、本番稼働時のサポート等導入担当者からご紹介します。

講演者 双日システムズ株式会社
コンサルタント

熊田 正秀

講演Ⅲ


15:50~16:30

帳票電子活用ソリューション SVF PDF ArchiverとGRANDITの連携事例紹介

改正電子帳簿保存方法に適応し、従来の帳票文化の運用を変えることなく、電子化(PDF帳票)の一元管理・運用を実現するSVF PDF ArchiverがWeb ERP GRANDITと連携し、見積書・注文書・納品書・請求書・領収書等、業務証憑を電子化。素早い検索、セキュリティ、自動化の機能で業務を支援するシステムを事例を基にご紹介します。



講演者 ウイングアーク1st株式会社
ビジネスデベロップメント統括部
テクニカルセールス部・部長

渡部 覚

※講演内容等は都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お申し込みの受付は終了しました。

投稿日時