お知らせ・プレスリリースNews & Press Releases

双日システムズ、データ連携クラウドサービス「PolarisGate」を用いて クラウド型FAXサービス「TransFax」との連携ソリューションを提供開始

~ ソフトウェアやネットワークに変更を加えずにFAX配信を実現 ~

各 位

                                    2016年6月28日

双日システムズ株式会社

 双日システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:南部 匠/以下、双日システムズ)は、月額3万円からのデータ連携クラウドサービス「PolarisGate」が、株式会社トランザクト(本社:東京都渋谷区、代表者:Aaron H. Furman アーロン・H・ファーマン/以下、トランザクト)が提供するクラウド型FAXサービス「TransFax」とのデータ連携に、対応したことを発表致します。

 「PolarisGate」は、月額3万円から利用できる低価格と、SAPやSalesforceなどの各種システムとの連携モジュールが標準装備された使いやすさが特徴のデータ連携クラウドサービスです。基幹システムやクラウドサービス間のデータ連携ソリューションをクラウド化することで、業務効率の向上や変化するビジネスへの対応を支援するデータ連携が1ヶ月単位で必要な時に必要な分だけ利用できるサービスを実現しました。「PolarisGate」は、マジックソフトウェア・エンタープライゼス社(本社:イスラエル、以下MSE)が全世界50ヶ国で提供するノンコーディングのシステム連携ツール「Magic xpi」を利用し、MSEの日本法人であるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表者:佐藤 敏雄/以下、マジックソフトウェア)、株式会社アイディーエス(本社:東京都港区、代表者:中野 貴志/以下、アイディーエス)と共同で、2016年4月よりサービスを提供しています。

自社でFAXサーバの構築不要 - 基幹システムやCRMと連携して、FAXを自動配信

 トランザクトが提供する「TransFax」は、オンプレミスのFAXサーバを導入することなく、基幹系業務で作成された大量の帳票を自動でFAX送受信することができる、クラウド型のFAXサービスです。国内外2000社以上の実績を誇り、FAX送受信にかかるコストの削減、業務効率化と生産性の向上を実現しています。さらに導入後は専門スタッフによる24時間365日の無料カスタマーサポートを提供しているので、安心して利用できます。 「PolarisGate」は、社内やクラウドのシステムをつなぎ、業務効率の向上や変化するビジネスへの対応を支援するクラウド型のシステム連携サービスです。
 「PolarisGate」と「TransFax」の連携ソリューションを用いることにより、独自にAPIを呼び出すプログラムの開発は不要となります。

「TransFAX」連携ソリューションの特長

基幹システムやCRM、帳票ツール等への改修をせずに、FAX配信サービスとの連携が可能

 「TransFax」は、メール、SOAP、FTPの3種類で連携が可能です。「PolarisGate」を用いることで、基幹システムやCRM等の他システムと「TransFax」間のデータ連携が自動となる為、FAX送信する際に発生していた手作業による誤送信を防止することができ、ペーパーレスの促進が可能となります。
 また、「PolarisGate」を用いることで、文書の加工だけでなくメール配信タイミングも制御できるので、業務フローに沿ったFAX送信が可能となります。

確実なFAX配信、FAXサーバの構築/メンテナンス不要

 「TransFax」はFAX送受信の増大にも対応できるスケーラビリティ(処理能力)を備えています。過剰なFAX設備を用意することなく、1時間に最大1万枚のFAX送信能力を実現することができます。将来的にFAX送受信量が大幅に増加した場合でも、回線やハードウェアを追加投資する必要もありません。
 通信の暗号化(SSL、インターネットVPN)、文書ファイル(PDF/ZIP)にパスワードを設定することにより、情報漏洩防止対策をおこなっています。送信完了した文書データはFAXネットワークに残さない安心設計です。また第三者機関による定期的なセキュリティ監査も受けています。

「PolarisGate」が目指すこと

複数システム間のデータ連携プラットフォームを構築

 特定の業務分野に特化したクラウドサービスが増加する事で、サービス群を疎結合するマイクロサービス化が進んでいます。基幹システムにカスタマイズを加えていくのではなく、システムとクラウドサービス間を連携することで、外部環境の変化に柔軟に対応できるシステムを実現できます。営業支援システム(SFA)やBIツール、ECサイト等の周辺システムとの連携でクラウドサービスを利用している場合、これらを1対1に繋ぐのではなく、データ連携プラットフォームとして「PolarisGate」を利用する事で、システム間のデータ連携を簡単に早く実現することが可能となります。

あらゆるデータを繋ぐネットワークインフラを構築

 スマートフォンの普及やIoTによるモノのインターネット化により、人やモノの行動をデータとして取得することが可能となりました。これらのデータを収集・分析して行動特性を把握することで、マーケティングや保守効率を向上させる企業が増えています。一企業で収集するプライベートなデータだけではなく、公共機関や大手企業が提供するパブリックなデータを組み合わせた分析が今後益々増えていくことになります。公共機関や会社間を結ぶネットワークインフラとして「PolarisGate」を利用する事で、社会に溢れるデータを有効に活用することが可能となります。

■双日システムズ株式会社について

双日システムズは、SI ソリューションとネットワークソリューションの技術を融合させたシステムインテグレータです。「高品質・低価格・スピーディ」という徹底した顧客指向によって、長年にわたって培ってきたシステム・ネットワーク・IT に関する技術力や、総合商社双日のグローバルなネットワーク活用し、競争力のあるサービス・製品を提供しています。

 会社ホームページ: https://www.sojitz-sys.com/
 製品ホームページ: https://www.sojitz-sys.com/solution_service/polarisgate/

■株式会社トランザクトについて

 株式会社トランザクト企業の基幹業務向けに特化したインターネットFAXサービス「TransFax」を提供しております。帳票ソフトウェアベンダー、システムインテグレータと共に、基幹システム、各種アプリケーションとシームレスに連動したFAX送信サービス、そして、大量のFAXを受信することを可能としたFAX受信サービスを展開しています。

 会社ホームページ:http://www.transact.ne.jp/ 

※本リリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 

【本リリースに関するお問い合わせ】

双日システムズ株式会社 事業戦略室  TEL:03-3515-1066 Email:ssc-mk@sojitz-sys.com

投稿日時