PRODUCTS 製品情報

thinforie(シンフォリエ)

製品概要

thinforieは、双日システムズが独自に開発したIE互換ブラウザです。IEのレンダリングエンジンと互換モードを利用してIEと同様の動作を実現しています。

IEを利用したアプリケーションは、IEのバージョンアップにともなう互換性の問題により、画面の表示崩れが発生したりアプリケーションが正常に動作しなくなったりするなど、改修が必要となるケースが多くあります。

しかし、アプリケーション仮想化を利用して複数バージョンのIEを同一OS上で使用することは、Microsoft社のライセンスポリシーに抵触する可能性があります。

thinforieはIE6~11に対応し、各バージョンのIEと同等の振る舞いをするため、thinforieを利用してアプリケーションを仮想化することで、新しい環境でもこれまで通りの操作性と画面表示のままアプリケーションを使い続けることができます。

thinforie(シンフォリエ)

課題

古いOSやブラウザを使い続けることで
生じる情報漏えいなどの
リスクを解消したい...

最新のIEを使うことで情報漏えいリスクを回避!

thinforieとともにアプリケーションを仮想化することで、これまでのアプリケーションを使い続けるために古いIEを残す必要がなくなります。これにより、ユーザーは常に最新のIEを利用できるようになるため、情報漏えいなど古いIEに起因するリスクを解消できます。
なお、thinforieは双日システムズにアプリケーション仮想化を依頼されたお客様に無償提供されるため、コスト削減の面でも大きな効果が期待できます。
thinforie(シンフォリエ)
IE8アプリケーションを利用しているが、
Office 365など新しいサービスを
利用したい...

古いIEに縛られない!

クラウドサービスによっては最新のIEのみをサポートするものが多くあります。また、新しい技術を利用してシステム構築する際に、古いIEのバージョンがネックとなる場合があります。 thinforieとともにアプリケーションを仮想化することで、既存アプリケーションを使い続けるためだけに古いIEを残す必要がなくなります。これにより、最新のIEの利用が可能となり、新しい機能を活用できるようになります。
thinforie(シンフォリエ)
2つのアプリケーションが
競合してしまい、それぞれ異なるPCで
使っていて効率が悪い...

OS依存がなくなりアプリケーションの競合が解消

thinforieとともにアプリケーションを仮想化する際、レジストリ情報やシステムファイルなど、OS上の必要な情報を切り取って1つのファイルにパッケージ化するので、OSに依存せず、アプリケーションのコンフリクトも解消されます。例えば、異なるバージョンのJAVAを利用しているため、個別にPCを用意していたユーザーも、1つのPCで業務を行え、生産性が大きく向上します。

thinforie(シンフォリエ)

導入効果

経営層にとっては...
最新IEへのバージョンアップによるセキュリティリスクの排除
IT投資の最適化
OS移行やPC入替え時に発生するコストの削減
システム管理部門にとっては...
OS移行に伴うアプリケーション対応期間の短縮とコストの削減
ユーザーサポートの負荷軽減
新しいサービスや技術の利用を可能に
ユーザーにとっては...
これまで通りのアプリケーションの使い勝手を維持
アプリケーションのインストールと設定が不要ですぐに利用可能
アプリケーション同士の競合排除による業務の効率化

導入事例

株式会社佐賀銀行様
VMware ThinApp とIE 互換ブラウザthinforie で、IE 6 を前提とした基幹業務システムの継続利用を可能に。
株式会社中京銀行様
Windows XP からの移行に伴うアプリケーションの継続利用をIE 互換ブラウザthinforie とThinApp で実現。

製品に関するご質問・ご相談については、
こちらからお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ
双日システムズお問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3515-1061

(土日祝日を除く午前9時~午後5時まで)