PRODUCTS 製品情報

SASTIC III Thin-Client Apps

製品概要

SASTIK Ⅲ Thin-Client Appsは、株式会社サスライトが提供するSASTIK Ⅲ Thin-Client Layerに、双日システムズのアプリケーション仮想化技術をプラスして、社外ネットワークから容易かつ安全に業務環境を提供するシンクライアントソリューションです。

SASTIKキーと呼ばれるUSBキーをクライアントPCに挿してログインすると、PC上にシンクライアントレイヤーを生成してローカルデータを操作できない状態で、会社の業務環境にセキュアにアクセスします。アプリケーションは仮想化してSASTIKキーに格納されるため、自宅や外出先などでも業務を継続できるようになります。SASTIKキーにはデータを格納できず、SASTIKキーを抜くとクライアントPCにデータが一切残らないため、情報漏えいの心配はありません。

SASTIC III Thin-Client Apps

課題

在宅勤務制度を導入して社員の多様な
働き方を支援したいが、デスクトップ
仮想化など、業務環境を整備するための
IT投資額が大きすぎる...

仮想デスクトップの3分の1(※)という低コストを実現

SASTIK Ⅲ Thin-Client Appsは、既存の社内システムをそのまま活用することで、低コストでのシンクライアント環境の導入を実現します。
アプリケーション仮想化により、OSのバージョンや互換性を意識することなくアプリケーションを利用できるようになります。画面転送型シンクライアントと異なり、クライアントPCのリソースを利用するため、高性能なサーバーを導入する必要もなく、一般的なデスクトップ仮想化に比べて約3分の1という低コストを実現しています。
※ 100ユーザーで利用する場合の比較。
SASTIC III Thin-Client Apps
デスクトップ仮想化はサーバーの
追加導入なども必要となり、保守や
運用も大変になるようだが、
われわれだけで対応できるのか?

既存のサーバー/システムを活用

デスクトップ仮想化は、サーバー上にユーザー数に応じた仮想環境を用意するため、大規模なシステムになりがちであり、システム管理部門にも大きな運用負荷が掛かります。
SASTIK Ⅲ Thin-Client Appsは、クライアントPCを簡易的にシンクライアント化し、DMZにサーバーを1台追加するだけで、既存のリソースをそのまま利用できるため、構築に必要な工数や、運用・管理コストを大きく削減します。 また、社内システムがそのまま利用できるため、ユーザーサポートの負担が増えることもありません。
SASTIC III Thin-Client Apps
訪問先や出張先でも仕事ができるように
業務環境を整えてもらえないかな...

SASTIKキー1つでクライアントPCが業務環境に

自宅のPCなどにSASTIKキーを挿すと(1)認証画面が自動起動し、IDとパスワードでのログイン(2)により社内のファイルサーバーなどの業務環境にアクセスできるようになります(3)。
ユーザーの利用中は、SASTIK Ⅲ Thin-Client Appsが生成したシンクライアントレイヤー領域で処理が行われ、SASTIKキーを抜くとレイヤーが丸ごと消去されるため、クライアントPC上にデータは残りません(4)。出張先や自宅からでもセキュアに業務を行うことができます。




SASTIC III Thin-Client Apps

導入効果

経営層にとっては...
テレワークや在宅勤務制度の促進
情報漏洩の防止
コストを掛けずにシンクライアント環境を実現
システム管理部門にとっては...
既存のクライアントPCやサーバーを有効活用
シンクライアント環境導入時の負荷軽減
ユーザーにとっては...
外出先や自宅から社内システムへのアクセスが可能
多様な働き方の実現

製品に関するご質問・ご相談については、
こちらからお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ
双日システムズお問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3515-1061

(土日祝日を除く午前9時~午後5時まで)