NEWS ニュース

2014年12月11日
双日システムズ株式会社

 

双日システムズ、「島忠」にPC統合管理ツール「VMware Mirage」を導入
~約70拠点・1,100台の端末の一元統合管理を実現し、PCリカバリ時間は従来の「10分の1以下」に~

 

 ソフトウェア開発やアプリケーション仮想化ソリューションを手掛ける双日システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:南部 匠 以下、当社)は、株式会社島忠(本社:埼玉県さいたま市、代表者:山下 視希夫 以下、島忠)のPC統合管理基盤として、ヴイエムウェア株式会社の「VMware® Mirage™(以下、VMware Mirage)」を導入しました。今回の「VMware Mirage」導入により、全国約70拠点、1,100台の業務PCを本部から一元的に統合管理することが可能になり、迅速な障害対策、運用負荷の軽減、永続的な安定稼働といった従来からの課題を一気に解決して、顧客サービス品質の向上を実現しました。

 島忠では、約70拠点・1,100台の業務PCの管理を初めとしたIT関連業務を数名の情報システム室要員で担当しており、業務システムの安定稼働と情報システム室の負荷軽減が大きな課題でした。そこで、特に全国に点在する拠点の業務PCは、問い合わせ対応やカード決済、会計処理など、御客様対応に直結する業務基盤であり、運用管理体制の充実が求められていました。本部から効率的に業務PCを管理する手法、体制を検討していく中で、リモートでのPCの統合管理や自動バックアップ機能に加え、マイグレーションなどにも対応する「VMware Mirage」の汎用性の高さが評価され導入が決定し、双日システムズが設計と導入を支援しました。

 業務PCの管理業務の中でも、従来は障害発生時に情報システム室要員が各拠点まで足を運ぶ必要があったPCリカバリ作業は、「VMware Mirage」の自動バックアップ機能により、保存されたPC 全体のスナップショットからデスクトップをすぐにリストアすることで、従来の「10分の1以下」の時間で復旧が可能となり、大幅な管理負荷の軽減を実現しています。また、「VMware Mirage」のレイヤー管理機能を活かして全社共通に利用するOSやアプリケーションはベースレイヤーで、ユーザーの個別プロファイルやデータなどはユーザーレイヤーとして管理することで、共通環境の変更を個々のユーザーに影響を与えずに運用負荷を軽減しています。島忠の従来の運用ポリシーに合わせたベースレイヤー設計は双日システムズが主体となって作業を行い、シンプルかつ効率的な運用環境を実現しました。

 今後の展開では、バイヤーが使用するモバイルPC内の契約書類や交渉内容など、重要なデータについても、「VMware Mirage」の自動バックアップ機能で確実に保存し、万が一モバイルPCに障害が発生した場合でも、短時間で復旧できる環境を構築し、BCP対策を強化するように島忠では計画しています。

<導入効果>
・IT運用負荷を大幅に削減
・PCリカバリ時間を従来の10分の1に削減
・業務システムの安定稼働により顧客サービスレベルを維持・向上

<期 間>
・約3ヶ月

<VMware Mirageの機能>
・イメージの統合管理
・最新OS移行の自動化
・ハードウェアの移行
・端末の修復・保護(バックアップおよびディザスタリカバリ)

【島忠/ VMware Mirage運用イメージ】



 VMware Mirage は、IT 部門が所有し管理するレイヤーとユーザーが所有するレイヤーとを切り分け、レイヤリング管理し、イメージを統合管理するソリューションです。レイヤリングされたユーザーイメージのスナップショットやバックアップを継続的に自動作成し、IT部門がユーザーファイルを統合管理することで、運用負荷を軽減するとともに、障害発生時のリカバリやロールアップが迅速となり、ユーザーの生産性が向上します。

<お客様の声>
株式会社 島忠 情報システム室 副室長 後藤 宗男 様
 「VMware Mirageについては、PCの統合管理や自動バックアップ機能など同社が求める要件をカバーしていることに加え、一過的な対応ではなく、継続して運用基盤として活用できる点を評価しました。店舗で働く社員が一切困ることのない安定したクライアント環境を構築することが、そのままお客様へのサービス向上につながると確信しており、この環境をわずか数名という少数精鋭の情報システム室で運用管理し続けるために、VMware Mirageと本製品に精通した双日システムズによる支援は、もはや欠かすことはできません」

株式会社 島忠 情報システム室 大中 祐一郎 様
 「運用負荷軽減という点については、明確に導入効果が現れています。バックアップやマイグレーション作業そのものがVMware Mirageによって大幅に効率化され、リモートからのイメージ配信もスムーズです。システムに関するトラブルは1件も発生していまいせん。今後、万が一のトラブル発生した際にも、すぐにリカバリできるという安心感が得られたことは情報システム室として大きな効果だと実感しています」

 双日システムズでは、2013年4月よりアプリケーション仮想化の専門組織を立ち上げ、様々なWeb環境で開発 されたアプリケーションの移行を実現し、多くの企業のOS移行を支援してきました。これまでに培ったアプリケーションの最適化技術とノウハウを活かし、より多くのエンドユーザーに対し、最適な選択肢を提供するとともに、企業の快適なエンドユーザコンピューティング環境の実現を目指します。

 

■ 株式会社島忠 について
 埼玉県さいたま市に本店を構え、配送センターを含む国内約70の拠点を通じて、家具・インテリア雑貨(カーテン・カーペット・インテリア小物ほか)から、ホームセンター商品(日用品・園芸・ペット・木材・金物ほか)まで、消費者の生活を支える幅広い商品を提供。/2014年8月末現在、従業員数1,620名(臨時雇用者数2,888名)
 ・会社ホームページ:http://www.shimachu.co.jp/


■ 双日システムズ株式会社 について
 双日システムズは、SIソリューションとネットワークソリューションの技術を融合させたシステムインテグレータです。「高品質・低価格・スピーディ」という徹底した顧客指向によって、長年にわたって培ってきたシステム・ネットワーク・ITに関する技術力や、総合商社双日のグローバルなネットワークを活用し、競争力のあるサービス・製品を提供しています。
 ・会社ホームページ:https://www.sojitz-sys.com/
 ・仮想化ソリューションサイト:https://www.sojitz-sys.com/solution_service/virtualization/
 ・導入事例ページ:https://www.sojitz-sys.com/casestudy/
 ・島忠様事例:https://www.sojitz-sys.com/casestudy/vmware_horizon_mirage/id_000448.html


 

※VMware Mirageは、米国およびその他の地域における VMware, Inc. の登録商標または商標です。


 

【お問合せ】
双日システムズ株式会社 エンタープライズソリューション本部 ThinApp事業部
 TEL:03-3515-1067  Email:pr-euc@sojitz-sys.com

製品に関するご質問・ご相談については、
こちらからお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ
双日システムズお問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3515-1061

(土日祝日を除く午前9時~午後5時まで)