NEWS ニュース

2014年5月26日
双日システムズ株式会社



双日システムズ、IE互換ブラウザ「thinforie®」を機能アップしてIE8に対応
アプリケーション仮想化技術と組み合わせて、IE8向け業務アプリの継続運用をサポート
~ Windows XP/Windows 7 から、シームレスな上位OS移行支援をさらに加速 ~


 総合商社双日グループでソフトウェア開発やアプリケーション仮想化ソリューションを手掛ける双日システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:小幡 和徳/以下、双日システムズ)は、2013年5月に提供を開始したMicrosoft社のInternet Explorer(以下、IE)6互換ブラウザ「thinforie」を機能アップし、IE8に対応しました。また、同時に、アプリケーション仮想化製品「VMware ThinApp※1」(以下、ThinApp)を導入されるお客様に対し、本日より無償で提供を開始します。


 双日システムズでは、「thinforie」とThinAppによるアプリケーション仮想化技術との組み合せにより、多くのユーザのWindows XP移行を実現してきました。これまでの導入支援において、ユーザの要望や利用環境の最適化へむけた様々な改良、改修を施してきましたが、Windows XP/Windows 7上で使用している業務アプリケーションを、上位OSでも継続して運用したいという多くのユーザの声を取り入れて、この度、IE互換ブラウザ「thinforie」がIE8に対応しました。「thinforie」は、様々なWeb環境で開発されたアプリケーションの移行を実現し、双日システムズが培ったアプリケーションの最適化技術とノウハウが活かされております。


【thinforie の特徴】

  • ・Microsoft社のライセンスポリシーに抵触せず、上位OSでも継続した環境を実現
  • ・ユーザ環境やアプリケーションに合わせた改修が可能
  • ・IEバージョンアップに伴う既存Webアプリケーションの最適化
  • ・最新クラウドサービスのサポートブラウザ対応
  • ・ブラウザのカスタムブランド化


【thinforie について】

  • 「thinforie」は、Windows XP上で稼働するIE6向けに開発されたアプリケーション移行で、課題となっていたメーカサポートやブラウザ改修の問題を解決するために、IEコンポーネントブラウザと呼ばれるIE互換ブラウザを独自に開発したものです。企業は「thinforie」を使用することにより、メーカーのライセンスポリシーに違反せずにWebアプリケーションの仮想化を実現できるだけではなく、ユーザ環境やアプリケーションに合わせた改修も自由に行うことができます。


 「thinforie」とThinAppを組み合わせて提供することにより、既存IT資産の有効活用や上位OS移行に課題を抱える多くの企業へ複数の選択肢を提供する他、Windows XP/Windows 7上の業務アプリケーションを、上位OSで継続して運用する環境を実現します。先日発表されたIEの脆弱性でも指摘されているように、セキュリティ対策には最新の環境で運用することが推奨されており、業務アプリケーションを「thinforie」で利用することで、通常のブラウザを常に最新へバージョンアップしての運用が可能になります。

 双日システムズは、日々進化するビジネスIT環境に対する課題に対し、仮想化による先見的な技術サポートと最適性に優れた独自開発の互換ブラウザサービスにより、シームレスな業務連携を実現し、上位OS移行への支援を更に加速させるとともに、快適なエンドユーザコンピューティング環境の実現を目指します。


<「thinforie」を用いたWebアプリケーション仮想化イメージ図>

※1 VMware ThinApp : VMware社が提供するアプリケーションの仮想化製品。アプリケーションが稼働するために必要なレジストリ情報やシステムファイルを、仮想OSと共に単一で実行ファイルにパッケージ化することを実現する仮想化ソリューション。
ThinApp 詳細Webページ:https://www.sojitz-sys.com/solution_service/virtualization/thinapp/


<IE互換ブラウザとは>
 業務システムやアプリケーションの中には、IEの機能を利用してサーバとクライアントのデータを連携するものがあり、IEのバージョンアップに伴うアプリケーションの改修がOS移行の課題になるケースが数多くあります。Windows XP/ Wndows 7上で稼働するIE6または、IE8を利用したアプリケーションの仮想化は、Windows 7/ Windows 8にインストールされたIEと異なるバージョンのIEを同一OS上で使用することになるため、Microsoft社からライセンスされず、IEを使用したアプリケーションの仮想化対応の課題になっています。

【IT環境動向】
 昨今、ウイルスや不正アクセス攻撃によるインターネットバンキングの被害、OpenSSLのHeartbleed問題、IEの脆弱性を悪用する限定的な標的型攻撃が確認されるなど、脅威となるサイバー攻撃も多様化しています。2014 年4 月には、Windows XPのサポートが終了し、企業は対策としてクライアント環境に対する最も有効な解決策に、上位OS移行を選択することがトレンドとなっています。5月14日にはIPAが、Windows XP、Office 2003、IE6などの利用に対し、計画的な後続製品移行や対応を再喚起し、経済産業省や各業界団体では、セキュリティ機能の高い最新OSへの移行を推奨するなどしており、2017年末には法人企業PC稼動台数の半分以上がWindows 8以上になるとの予測もでております。


【双日システムズの取組み】
 2013年5月よりアプリケーション仮想化の専門組織を立ち上げ、アプリケーション仮想化製品「ThinApp」とライセンスポリシーに抵触しない独自開発のIE6互換ブラウザ「thinforie」の提供により、これまでにWindows XPからWindows 7/Windows 8へのOS移行を20社以上支援してきました。2014年6月末からは、新たな仮想化機能が付加された「VMware Horizon 6」の提供も予定しており、今回新たに開発したIE8互換ブラウザと共に、仮想化技術による企業の上位OS移行支援の幅が更に拡大します。今後は、ホスト型アプリケーションを利用したアプリケーション配信、Server-VDI、AirWatchを利用したEMM(Enterprise Mobile Management)の分野にもサービスを拡大し、VMwareを中心としたEUCソリューションのビジネスを加速させていきます。


■双日システムズ株式会社について
 双日システムズは、SI ソリューションとネットワークソリューションの技術を融合させたシステムインテグ レータです。「高品質・低価格・スピーディ」という徹底した顧客指向によって、長年にわたって培ってきた システム・ネットワーク・IT に関する技術力や、総合商社双日のグローバルなネットワーク活用し、競争力の あるサービス・製品を提供しています。
 ・会社ホームページ:https://www.sojitz-sys.com/
 ・仮想化ソリューションサイト:https://www.sojitz-sys.com/solution_service/virtualization/
 ・VMware ThinApp 導入事例:http://security.sojitz-sys.com/virtualization/case.html


※Windows XP、Windows 7/8、Windows Internet Exploreは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※VMware ThinAppは、米国およびその他の地域における VMware, Inc. の登録商標または商標です。
※thinforieは、双日システムズの登録商標です。


【お申込み・お問い合わせ】
双日システムズ株式会社 ThinApp事業部  TEL:03-3515-1067 Email:pr-euc@sojitz-sys.com

製品に関するご質問・ご相談については、
こちらからお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ
双日システムズお問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3515-1061

(土日祝日を除く午前9時~午後5時まで)