クラウドEAIサービス PolarisGateCloud Enterprise Application Integration Service

「kintoneバッチソリューション」とは

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」を組み合わせることで、 データ連携の機能を充実させることが可能となりました。
一定時間毎や時間指定でのデータ自動連携機能を追加することで、他システムとのマスタデータ連携や、アプリ間のデータ同期、大量データの自動分析といった処理が実現できます。
一歩先の「kintone」の利用方法を、安価にご提供致します。

kintoneバッチソリューションの特徴

開始時間の指定

5分おきに同期をとりたい、毎日24時に基幹システムのマスタデータを取り込みたいといった、インターバル処理やバッチ処理を、画面からのパラメータ設定だけで簡単に実現することが可能です。

クラウドEAI「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携 その1

kintoneデータの取得・登録

kintoneのREST APIを経由して、kintoneのレコードの操作やアプリ情報の取得、アクセス権限の設定やスペース、ゲストユーザーの管理等を行なうことが可能です。kintoneのデータをPolarisGateの変数にセットすることで、データの加工や読み替えを行なうこともできます。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携 その2

他システムデータの取得・登録

kintoneと他データ(データベース,CSV)とのデータ連携は、「データマッパー」機能を用いて簡単に設定することが可能です。インターバル処理やバッチ処理と組み合わせることで、例えば会計パッケージのマスタデータを月次で取り込んだり、日時でバックアップストレージにデータをコピーしたりといった処理を、簡単に構築することができます。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携 その3

Excelとの連携(シートへのデータ出力)

kintoneのレコードデータをもとに帳票を作成したい場合は、Excelシートへのデータ出力機能を使うことで、データのプロットが可能となります。既存のExcelシートをそのまま用いたオペレーションを行なうことができ、インターバルまたはバッチ処理で自動的に帳票を作成することができますので、オペレーションの負荷を大幅に削減することが可能です。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携 その4

Excelとの連携(マクロの制御)

kintoneバッチソリューションでは、マクロの実行を制御することが可能です。大量データの集計や分析処理等で使用していたマクロをそのままご利用頂くことが可能です。また、マクロをタイマー起動することができますので、オペレータによる作業誤りや作業漏れを防ぐことができます。

コマンドラインの制御

コマンドラインの制御が可能ですので、サーバに登録されているアプリケーションを実行することができます。例えば、kintoneのデータをExcelファイルやCSV等にダウンロードした後に、アプリケーションを用いた分析や加工を行なったり、ファイルの操作を行なったりすることが可能です。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携 その5

メールシステムとの連携

メールサーバを指定することで、メール送信/受信も簡単に行なうことが可能です。 例えばレコードの添付ファイルをメールで送信したり、ワークフローと連携したりすることで、kintoneをより便利に利用することができます。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携 その6

kintoneバッチソリューションの利用シーン

kintoneアプリ間のデータを同期する連携ツールとして

kintoneアプリ間でデータ連携を行なう際には、「CSVダウンロード」→「データ加工」→「CSVアップロード」を行なうか、アプリの数だけ手入力をするのが一般的でした。PolarisGateの「kintoneバッチ連携ソリューション」を用いることで、指定した時間に自動で連携をすることが可能となります。データのフィルタリングや読替も簡単に行なうことができます。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携利用シーン1

他システムとのデータ連携ツールとして

例えばkintoneで受注までの業務を管理するとき、基幹システムの顧客マスタとkintoneの顧客マスタを同期しておくだけで、売上や原価のデータをシステム連携することが容易となります。また、基幹システムのデータを営業先で参照できることで、お客様のニーズに沿ったご提案が可能となります。その他、在庫データや与信データ等、お客様にあった連携を実現します。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携利用シーン2

Excelへの出力機能として

kintoneでの一元管理に成功したものの、長年のノウハウが詰まった帳票や集計資料を変更することは、困難なケースが多いのが現状です。PolarisGateの「kintoneバッチ連携ソリューション」を用いることで、 CSVでダウンロードしたものを加工するといった手作業は不要となります。また、PolarisGateはマクロの制御も可能です。使い慣れたマクロをそのままご利用いただけます。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携利用シーン3

電話、メール、FAXとの連携ツールとして

例えばkintoneで受注までの業務を管理するとき、基幹システムの顧客マスタとkintoneの顧客マスタを同期しておくだけで、売上や原価のデータをシステム連携することが容易となります。また、基幹システムのデータを営業先で参照できることで、お客様のニーズに沿ったご提案が可能となります。その他、在庫データや与信データ等、お客様にあった連携を実現します。

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「kintone」とのデータ連携利用シーン4

PolarisGateについてのお問い合わせ

お問い合わせはお電話でも受付9時~17時15分(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)
03-3515-1066
Webからのお問い合わせもお気軽にどうぞ
フォームでのお問い合わせ

お問い合わせいただく前のご注意

お問い合わせでお客様から収集する個人情報は、以下の利用目的の範囲内でお取り扱いいたします。

1.収集・利用する事業者

事業社名双日システムズ株式会社
個人情報管理責任者管理本部長 平嶋 成晃
連絡先電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

2.個人情報の収集・保有・利用

当社にご提供頂いた個人情報は、以下の目的で利用致します。その他の目的で個人情報をご提供頂く場合は、その都度、利用目的をお伝え致します。

取得等させていただきたい個人情報

お名前、E-Mailアドレス、会社・団体名、部課名、郵便番号、住所、電話番号

個人情報の利用目的

  1. 各種問合対応のために利用いたします。
  2. 弊社セミナー・イベントの受付に利用いたします。
  3. 資料請求の発送(郵送)業務に利用いたします。
  4. 弊社セミナー・イベント開催・新商品のご案内などの通知を希望するお客様に対するE-mailの送付作業に利用いたします。

3.個人情報の利用に関する処置

当社では、次の場合を除いて、収集した個人情報は利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4.個人情報の保護

当社では、個人情報に関して適用される法令・規範を遵守するとともに、上記に示した個人情報の取扱を適時見直し、改善に努めてまいります。

5.個人情報の第三者提供

当社では、ご収集した個人情報について、「3.個人情報の利用に関する処置」のa. ~ d. 場合を除き、同意を得ないで第三者に提供致しません。

6.個人情報の第三者提供停止の請求

お客様は当社に対して自己に関する個人情報の第三者への提供を停止するよう請求することができます。但し、「8.個人情報の請求」のa. ~c. のいずれかに該当する時は利用・提供を停止できない場合があります。

7.個人情報の取扱いの委託

取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を利用目的達成のため委託する場合があります。業務を委託する場合は、安全管理水準に問題がない事業者を選定し、機密保持契約又は個人情報保護覚書等を締結した上で委託します。

8.個人情報の請求

当社が保有する開示対象個人情報に関するご本人または代理人の方からの利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否権等のご請求等につきましては、下記の「お問合せ窓口」にご連絡ください。ご本人または代理人であることを確認した上で、合理的な期間、範囲内で対応いたします。

但し、つぎのa. ~ c. のいずれかに該当する場合は開示できない場合があります。

  1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  3. 法令に違反することとなる場合

9.個人情報の提供の任意性と提供拒否の結果

自分の個人情報を会社に提供するか否かは任意ですが、個人情報の提供を行なって頂けなかった場合は、資料請求に対する対応が適切に行えませんので、ご注意ください。

10.お問合せ窓口

個人情報の開示・訂正・削除・利用停止・第三者提供停止等のご請求、その他ご不明な点につきましては下記までご連絡ください。

双日システムズ株式会社
管理本部 個人情報問い合わせ窓口
〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル
Eメール:privacy@sojitz-sys.com
電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は、プライバシーポリシーをご覧ください。 土曜日・日曜日・年末年始ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となります。

当社「プライバシーポリシー」及び上記記載内容をよくお読みいただき、同意するボタンをクリックの上、入力フォームへ進んでください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。