クラウド/仮想基盤構築ソリューションSolutions for Virtual infrastructure / Cloud computing

仮想基盤構築・再構築ソリューション概要

双日システムズが皆様の課題を解決する仮想基盤構築・再構築ソリューションをご紹介します。ご不明な点がございましたら、本ページ下段のお問い合わせフォームよりお申し付けください。 

本ソリューションの特徴

弊社が提案する仮想基盤構築・再構築ソリューションを採用された多くのお客様が以下のメリットを享受されています。

大幅なコスト削減が見込めます

  • 仮想化技術の集約効果により、少ない投資で物理構成と同等以上のシステム基盤が用意できます。

可用性が向上します

  • システムが冗長化され、耐障害性が向上します。
  • バックアップ/リストア手順が簡単な方法で統一され、復旧時間が短縮されます。
  • 障害時のデータリストア処理が不要 → 障害受付よりおよそ6時間以内で復旧完了

障害予測と増強時コストの最適化が可能になります

  • 仮想基盤リソースの使用状況を元に将来的な予測値やボトルネックが可視化されるため、事前の障害予測検知が可能になります。
  • 仮想基盤全体の余裕リソースと将来的な予測値が可視化されるため、追加可能なサーバ台数の試算、効率的なリソース増強計画が可能になります。

クラウド移行が簡単になります

  • 仮想基盤上で動作するシステムは、クラウド上へも移行可能なデータになります。  

※クラウドの種類によっては、変換処理が必要になります。

本ソリューションの活用例

例:可用性の向上 - 管理の一元化による障害予防

VMware vCenterにて、仮想化されたサーバの電源ON/OFFや稼働状態の一元管理が可能です。 また本番ストレージと連動したバックアップ/リストア/DR先転送処理が簡単に利用でき、管理工数と障害時の復旧時間を短縮します。

kiban01

例:可用性の向上 - 耐障害性とDR対策

仮想化されたサーバはA拠点本番ストレージ内に保存され、一定間隔で差分バックアップが行われます。
そして1日1回等定期的に、A拠点のバックアップストレージ/DR用バックアップストレージに複製します。
これにより、A拠点の本番ストレージ障害時もいずれかのストレージでサーバを起動することが可能です。

またA拠点の仮想サーバは2台構成となっており、障害時は正常側にてサーバを起動します。

kiban02

例:障害予測と増強時コストの最適化

仮想化基盤のリソースを監視、ふるまいを学習することにより、今後予測されるであろう障害やパフォーマンスボトルネックを可視化します。
また仮想基盤の余剰/不足リソースを表示、追加可能なサーバ台数や効率的なリソース投資をサポートします。

kiban03

その他、課題解決のための情報を公開中

その他、皆様の課題解決のための参考になる情報を以下でも公開しています。是非以下をご覧の上、ご不明な点がございましたら弊社までお問い合わせください。

【クラウド構築・再構築ソリューション】最新の解決方法を見る

【仮想基盤構築・再構築ソリューション】最新の解決方法を見る

【ソリューションTips】課題解決のための技術ネタを見る

【提案書集】RFP作成の際などの参考にする

【事例集】事例から課題解決のヒントを得る

【コラム】最新のトピックの解説を読んで課題解決のヒントを得る

【メルマガバックナンバー】双日システムズのインフラインテグレーションの今を見る

クラウド/仮想基盤構築ソリューションについてのお問い合わせ

お問い合わせはお電話でも受付9時~17時15分(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)
03-3515-1065
Webからのお問い合わせもお気軽にどうぞ
フォームでのお問い合わせ

お問い合わせいただく前のご注意

お問い合わせでお客様から収集する個人情報は、以下の利用目的の範囲内でお取り扱いいたします。

1.収集・利用する事業者

事業社名双日システムズ株式会社
個人情報管理責任者管理本部長 平嶋 成晃
連絡先電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

2.個人情報の収集・保有・利用

当社にご提供頂いた個人情報は、以下の目的で利用致します。その他の目的で個人情報をご提供頂く場合は、その都度、利用目的をお伝え致します。

取得等させていただきたい個人情報

お名前、E-Mailアドレス、会社・団体名、部課名、郵便番号、住所、電話番号

個人情報の利用目的

  1. 各種問合対応のために利用いたします。
  2. 弊社セミナー・イベントの受付に利用いたします。
  3. 資料請求の発送(郵送)業務に利用いたします。
  4. 弊社セミナー・イベント開催・新商品のご案内などの通知を希望するお客様に対するE-mailの送付作業に利用いたします。

3.個人情報の利用に関する処置

当社では、次の場合を除いて、収集した個人情報は利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4.個人情報の保護

当社では、個人情報に関して適用される法令・規範を遵守するとともに、上記に示した個人情報の取扱を適時見直し、改善に努めてまいります。

5.個人情報の第三者提供

当社では、ご収集した個人情報について、「3.個人情報の利用に関する処置」のa. ~ d. 場合を除き、同意を得ないで第三者に提供致しません。

6.個人情報の第三者提供停止の請求

お客様は当社に対して自己に関する個人情報の第三者への提供を停止するよう請求することができます。但し、「8.個人情報の請求」のa. ~c. のいずれかに該当する時は利用・提供を停止できない場合があります。

7.個人情報の取扱いの委託

取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を利用目的達成のため委託する場合があります。業務を委託する場合は、安全管理水準に問題がない事業者を選定し、機密保持契約又は個人情報保護覚書等を締結した上で委託します。

8.個人情報の請求

当社が保有する開示対象個人情報に関するご本人または代理人の方からの利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否権等のご請求等につきましては、下記の「お問合せ窓口」にご連絡ください。ご本人または代理人であることを確認した上で、合理的な期間、範囲内で対応いたします。

但し、つぎのa. ~ c. のいずれかに該当する場合は開示できない場合があります。

  1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  3. 法令に違反することとなる場合

9.個人情報の提供の任意性と提供拒否の結果

自分の個人情報を会社に提供するか否かは任意ですが、個人情報の提供を行なって頂けなかった場合は、資料請求に対する対応が適切に行えませんので、ご注意ください。

10.お問合せ窓口

個人情報の開示・訂正・削除・利用停止・第三者提供停止等のご請求、その他ご不明な点につきましては下記までご連絡ください。

双日システムズ株式会社
管理本部 個人情報問い合わせ窓口
〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル
Eメール:privacy@sojitz-sys.com
電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は、プライバシーポリシーをご覧ください。 土曜日・日曜日・年末年始ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となります。

当社「プライバシーポリシー」及び上記記載内容をよくお読みいただき、同意するボタンをクリックの上、入力フォームへ進んでください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。