クラウド/仮想基盤構築ソリューションSolutions for Virtual infrastructure / Cloud computing

クラウド構築・再構築ソリューション概要

多くのお客様がOSサポート切れやリース更新の際にサーバ移行を検討されますが、一般的な移行方法としては、以下の3点があります。 

1.オンプレミスで最新の物理サーバOS環境に移行する

2.オンプレミスで仮想環境上に移行する

3.クラウド環境に移行する

お客様の環境によって、それぞれ最適な選択肢がありますが、一般的にはオンプレミスの物理サーバが10台未満の場合は、仮想環境上に移行するとかえってコストが掛かると言われています。

台数によって「1」か「2」の選択になることが多いですが、最近では「3」のクラウドへの移行を選ばれるお客様が増えてきています。

理由はクラウド環境に移行してしまえば、OSだけではなく、仮想環境も含めてハードウェアとOS(仮想環境含む)のメンテナンスから永久に解放されるためです。

最近はネットワーク環境の進歩により、クラウド上のサーバにアクセスしてもストレスなく利用できるようになりました。また、価格も廉価になって参りました。この3点がクラウドへの移行が増えてきている理由です。

ここで改めてクラウド移行のメリットをまとめてみます。

コスト削減

cloud_cost03初期費用のみならず、サーバへのアクセスライセンス、運用監視システムとの専用線接続費用など運用に掛かるコスト削減にも繋がります。また自社でシステムを構築・運用するオンプレミスよりも高い安全性を低コストで確保することが可能です。

柔軟性・迅速性

cloud_jyuunan03処理量の増減に応じて、CPUやメモリ、ハードディスク容量等などのリソースをブラウザより容易に変更することが可能となります。 「新たに海外でビジネスを展開」「グループ子会社を増やす」等の急速なビジネス拡大にも、 状況に応じて柔軟に、また迅速に最適なリソース配分を行うことが可能となります。

安全性

cloud_anzen01オンプレミスでは、データ保持に対する3大リスク「機密性」「完全性」「可用性」を担保するために莫大な時間とコストを要します。一方、パブリッククラウドではこれらのサービスがメニューとして用意されています。さらに、バックアップ環境を複数拠点で分散保持するなど、ディザスタリカバリ(DR)、事業継続(BCP)対策としても大きなメリットがあります。

※ご参考:GRANDITのクラウド移行については以下をご覧ください。

https://www.sojitz-sys.com/solution_service/grandit/grandit_cloud.html

いかがでしょうか?

クラウド移行につきましては、経験豊富な双日システムズにお気軽にお申し付けください。

その他、課題解決のための情報を公開中

その他、皆様の課題解決のための参考になる情報を以下でも公開しています。是非以下をご覧の上、ご不明な点がございましたら弊社までお問い合わせください。

【クラウド構築・再構築ソリューション】最新の解決方法を見る

【仮想基盤構築・再構築ソリューション】最新の解決方法を見る

【ソリューションTips】課題解決のための技術ネタを見る

【提案書集】RFP作成の際などの参考にする

【事例集】事例から課題解決のヒントを得る

【コラム】最新のトピックの解説を読んで課題解決のヒントを得る

【メルマガバックナンバー】双日システムズのインフラインテグレーションの今を見る

クラウド/仮想基盤構築ソリューションについてのお問い合わせ

お問い合わせはお電話でも受付9時~17時15分(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)
03-3515-1065
Webからのお問い合わせもお気軽にどうぞ
フォームでのお問い合わせ

お問い合わせいただく前のご注意

お問い合わせでお客様から収集する個人情報は、以下の利用目的の範囲内でお取り扱いいたします。

1.収集・利用する事業者

事業社名双日システムズ株式会社
個人情報管理責任者管理本部長 平嶋 成晃
連絡先電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

2.個人情報の収集・保有・利用

当社にご提供頂いた個人情報は、以下の目的で利用致します。その他の目的で個人情報をご提供頂く場合は、その都度、利用目的をお伝え致します。

取得等させていただきたい個人情報

お名前、E-Mailアドレス、会社・団体名、部課名、郵便番号、住所、電話番号

個人情報の利用目的

  1. 各種問合対応のために利用いたします。
  2. 弊社セミナー・イベントの受付に利用いたします。
  3. 資料請求の発送(郵送)業務に利用いたします。
  4. 弊社セミナー・イベント開催・新商品のご案内などの通知を希望するお客様に対するE-mailの送付作業に利用いたします。

3.個人情報の利用に関する処置

当社では、次の場合を除いて、収集した個人情報は利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4.個人情報の保護

当社では、個人情報に関して適用される法令・規範を遵守するとともに、上記に示した個人情報の取扱を適時見直し、改善に努めてまいります。

5.個人情報の第三者提供

当社では、ご収集した個人情報について、「3.個人情報の利用に関する処置」のa. ~ d. 場合を除き、同意を得ないで第三者に提供致しません。

6.個人情報の第三者提供停止の請求

お客様は当社に対して自己に関する個人情報の第三者への提供を停止するよう請求することができます。但し、「8.個人情報の請求」のa. ~c. のいずれかに該当する時は利用・提供を停止できない場合があります。

7.個人情報の取扱いの委託

取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を利用目的達成のため委託する場合があります。業務を委託する場合は、安全管理水準に問題がない事業者を選定し、機密保持契約又は個人情報保護覚書等を締結した上で委託します。

8.個人情報の請求

当社が保有する開示対象個人情報に関するご本人または代理人の方からの利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否権等のご請求等につきましては、下記の「お問合せ窓口」にご連絡ください。ご本人または代理人であることを確認した上で、合理的な期間、範囲内で対応いたします。

但し、つぎのa. ~ c. のいずれかに該当する場合は開示できない場合があります。

  1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  3. 法令に違反することとなる場合

9.個人情報の提供の任意性と提供拒否の結果

自分の個人情報を会社に提供するか否かは任意ですが、個人情報の提供を行なって頂けなかった場合は、資料請求に対する対応が適切に行えませんので、ご注意ください。

10.お問合せ窓口

個人情報の開示・訂正・削除・利用停止・第三者提供停止等のご請求、その他ご不明な点につきましては下記までご連絡ください。

双日システムズ株式会社
管理本部 個人情報問い合わせ窓口
〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル
Eメール:privacy@sojitz-sys.com
電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は、プライバシーポリシーをご覧ください。 土曜日・日曜日・年末年始ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となります。

当社「プライバシーポリシー」及び上記記載内容をよくお読みいただき、同意するボタンをクリックの上、入力フォームへ進んでください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。