双日システムズのERPソリューションEnterprise Resource Planning Package

IT企業向けERP「SojitzSys IT企業ERP」

dounyu_koka001

概要

双日システムズのIT企業向けERP「SojitzSys IT企業ERP」は「GRANDIT」をベースにしたIT業界向けソリューションERPソリューションです。

「SojitzSys IT企業ERP」は、独自のアドオンテンプレートに加えてアライアンス製品である統合プロジェクト管理「PREGARE」を組み合わせ、さらにBIやSFA、勤怠管理システムなどと連携可能な総合的なソリューションとして提供できます。

プログラム開発のみならず、保守・運用、販売など幅広い業務形態に対応し、日々変化するIT関連のビジネスを強力にバックアップします。従来のライセンス買取型での導入と月額払い型の導入が選べる商社ERP初のデュアルライセンスになっています。

IT企業ERPイメージ

様々な業務形態に適応します

  • プログラム開発/インフラ構築
  • システム/インフラ保守・運用
  • ハードウェア、ソフトウェア販売(国内・海外)
  • サービス提供型ビジネス(サブスクリプションビジネス)

>詳細資料ダウンロード

IT企業向け機能ハイライト

継続契約管理

IT企業ERPアドオンテンプレート継続契約管理システム/インフラの保守・運用サービス、サービス提供型ビジネスなどの期間契約に基づく取引に対し、期間に応じて自動で伝票を生成します。

  • 契約期間内に継続的にする取引伝票を自動で生成することにより入力負荷を軽減
  • 自動生成後の伝票に対し、契約変更などに伴う契約内容の修正が可能
  • 契約金額を一括請求/支払し、前受金/前渡金として計上。毎月の売上/仕入計上時に前受金/前渡金と消し込み
  • 外貨での入力が可能なため海外との取引にも対応

保守業務支援

IT企業ERPアドオンテンプレート保守業務支援保守契約の管理に必要な契約期間、金額、更新状況、保守対象機器のシリアルナンバー、EOS日付等を一元管理し、部門を問わず情報を共有することが可能となります。 保守契約更新業務の効率向上、障害発生時の対応など、きめの細かいサービス提供を支援致します。

  • 売上、原価情報を集計しExcelデータで出力可能。予算策定時の検討資料に
  • 毎月の契約更新情報を可視化することで保守契約更新率の向上に
  • 顧客情報登録の依頼、契約更新案内などの各種案内メールの自動生成と配信が可能
  • 障害の発生、対応状況、履歴を部門間で共有。迅速で効率の良い対応を支援

個別原価管理

IT企業ERPアドオンテンプレート個別原価管理プロジェクト毎の個別原価を管理することでプロジェクト単位の予実管理を実現します。また、作業の進捗状況に応じて売上を計上する工事進行基準の仕訳を自動で生成します。

  • 予算登録することにより簡易な予実対比を行う事が可能
  • 部門または全社で発生した共通経費を指定した条件で個別プロジェクトに配賦可能
  • 階層別のプロジェクト定義が可能

スキル管理システム

IT企業ERPアドオンテンプレートスキル管理システム「スキル管理システム」は、人事システムと連携し、社員のみならず協力会社を含む幅広い人材から必要な要員の検索が可能なシステムです。
プロジェクトの要員確保の他、職務経歴の管理、現状のスキルの把握、スキルシートの作成を支援します。

  • 自社内だけでなく協力会社の情報も管理検索可能
  • WEB型のシステムなので広範囲に導入可能
  • 「受講した研修」、「スキルの評価」、「保有資格」など登録された情報をその評価レベルと組み合わせて検索可能
  • 人事システムから社員情報を読み込んだり検索結果をCSV形式出力するなど既存システムとスムースに連携

>詳細資料ダウンロード

統合プロジェクト管理

「PREGARE」とは

統合プロジェクト管理「Pregare」「PREGARE」は、双日システムズのアライアンスパートナーである株式会社ウェッブアイの統合プロジェクト管理パッケージです。
「GRANDIT」との連携により、研究開発・設計部門から、製造・生産部門、保守部門にわたる幅広い組織、部門における様々な計画の日程管理、予算・コスト・進捗管理、要員・設備の負荷管理、計画の実績・バージョン管理等にご利用頂けます。ビジネスの発展・向上のためには、社内プロジェクトの採算を把握し、その情報に基づいた生産性向上策を検討・実施することにより、企業競争力を強化していかなければなりません。
社内の貴重な経営資源をフル活用し、効率良く業務を遂行するためには、プロジェクト情報の「見える化」が必須となり。それを実現するための製品が「PREGARE」です。

導入のメリット

「PREGARE」の導入により、プロジェクトの進捗・コスト発生状況が定量化され、的確な状況判断やタイムリーな意思決定が行えるとともに、起こりうるリスクの把握と、事前の対応策の検討などが可能になります。
その結果、戦略目標と業務活動のギャップが解消され、企業全体の収益拡大ならびに競争力強化につながります。

「Sojitz-Sys IT企業ERP」及び「GRANDIT」を使用した導入事例

導入実績(抜粋一覧)

会社名業務内容従業員数(人)売上高(億)対象業務本番稼働年月
自社導入 システム構築・運用 320 47 基幹 2005年3月
A社 情報 148 35 基幹 2008年1月
エヌジーシー様 IT商社 70 36 基幹 2008年9月
B社(2社) ソフトウェア 207 60 基幹 2009年1月
日商エレクトロニクス様 システム・ネットワーク構築 848 363 基幹 2009年5月
C社 情報通信 200 57 基幹 2014年4月
D社 ソフトウェア 660 204 基幹 2014年4月
E社 システム販売・構築 140 50 基幹 2016年4月
F社 IT商社 400 190 基幹 2017年7月
 (予定)

ハンズオンセミナー

IT企業向けERP「Sojitz-Sys IT企業ERP」や「GRANDIT」に興味を持たれた方は、是非、無料のハンズオンセミナーにご参加ください。
最新のセミナー開催会については以下をご覧の上、お申し込みください。

https://www.sojitz-sys.com/topics/seminar/

IT企業ERPハンズオンセミナー

SojitzSys ERPコラム

yoshimasa02第一回「本来的に投資対効果が高いERPとは」
著者:吉政創成株式会社 代表取締役 吉政忠志氏

ノベル、SAP、ターボリナックス、インフォテリアなど業界を代表するソフトウェアメーカーでマーケティングや事業責任者を歴任。現在は、吉政創成株式会社 代表取締役、プライム・ストラテジー株式会社 取締役、一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、BOSS-CON JAPAN 理事長、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事を兼任。

導入手法

「Sojitz-Sys IT企業ERP」や「GRANDIT」の導入手法について興味がある方は以下をご覧ください。

https://www.sojitz-sys.com/solution_service/grandit/it_solution_dounyu.html

クラウド

「Sojitz-Sys IT企業ERP」や「GRANDIT」をクラウド上でご利用されたい方は以下をご覧ください。

https://www.sojitz-sys.com/solution_service/grandit/grandit_cloud.html

IT企業ERP資料一覧

上記内容の詳細資料ダウンロードは以下よりお申込みいただけます。

https://www.sojitz-sys.com/solution_service/grandit/it_solution_siryou.html

IT企業ERP紹介資料

IT企業向けERP「SojitzSysIT企業ERP」紹介資料
公開日:2017年2月13日
総ページ数:45ページ

概要:

「SojitzSys IT企業ERP」の採用メリット、システムの特長、運営方法、管理方法などを解説した資料です。

  

その他、価格や機能面のお問い合わせについては以下よりお願いいたします。

ERPパッケージ GRANDITについてのお問い合わせ

お問い合わせはお電話でも受付9時~17時15分(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)
03-3515-1062
Webからのお問い合わせもお気軽にどうぞ
フォームでのお問い合わせ

お問い合わせいただく前のご注意

お問い合わせでお客様から収集する個人情報は、以下の利用目的の範囲内でお取り扱いいたします。

1.収集・利用する事業者

事業社名双日システムズ株式会社
個人情報管理責任者管理本部長 平嶋 成晃
連絡先電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

2.個人情報の収集・保有・利用

当社にご提供頂いた個人情報は、以下の目的で利用致します。その他の目的で個人情報をご提供頂く場合は、その都度、利用目的をお伝え致します。

取得等させていただきたい個人情報

お名前、E-Mailアドレス、会社・団体名、部課名、郵便番号、住所、電話番号

個人情報の利用目的

  1. 各種問合対応のために利用いたします。
  2. 弊社セミナー・イベントの受付に利用いたします。
  3. 資料請求の発送(郵送)業務に利用いたします。
  4. 弊社セミナー・イベント開催・新商品のご案内などの通知を希望するお客様に対するE-mailの送付作業に利用いたします。

3.個人情報の利用に関する処置

当社では、次の場合を除いて、収集した個人情報は利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4.個人情報の保護

当社では、個人情報に関して適用される法令・規範を遵守するとともに、上記に示した個人情報の取扱を適時見直し、改善に努めてまいります。

5.個人情報の第三者提供

当社では、ご収集した個人情報について、「3.個人情報の利用に関する処置」のa. ~ d. 場合を除き、同意を得ないで第三者に提供致しません。

6.個人情報の第三者提供停止の請求

お客様は当社に対して自己に関する個人情報の第三者への提供を停止するよう請求することができます。但し、「8.個人情報の請求」のa. ~c. のいずれかに該当する時は利用・提供を停止できない場合があります。

7.個人情報の取扱いの委託

取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を利用目的達成のため委託する場合があります。業務を委託する場合は、安全管理水準に問題がない事業者を選定し、機密保持契約又は個人情報保護覚書等を締結した上で委託します。

8.個人情報の請求

当社が保有する開示対象個人情報に関するご本人または代理人の方からの利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否権等のご請求等につきましては、下記の「お問合せ窓口」にご連絡ください。ご本人または代理人であることを確認した上で、合理的な期間、範囲内で対応いたします。

但し、つぎのa. ~ c. のいずれかに該当する場合は開示できない場合があります。

  1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  3. 法令に違反することとなる場合

9.個人情報の提供の任意性と提供拒否の結果

自分の個人情報を会社に提供するか否かは任意ですが、個人情報の提供を行なって頂けなかった場合は、資料請求に対する対応が適切に行えませんので、ご注意ください。

10.お問合せ窓口

個人情報の開示・訂正・削除・利用停止・第三者提供停止等のご請求、その他ご不明な点につきましては下記までご連絡ください。

双日システムズ株式会社
管理本部 個人情報問い合わせ窓口
〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル
Eメール:privacy@sojitz-sys.com
電話:03-3515-1061 FAX:03-3515-1088

お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は、プライバシーポリシーをご覧ください。 土曜日・日曜日・年末年始ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となります。

当社「プライバシーポリシー」及び上記記載内容をよくお読みいただき、同意するボタンをクリックの上、入力フォームへ進んでください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。