人事部長メッセージHR MANAGER's Message

人事総務部 部長   日出 泰彰

双日システムズを志望している学生のみなさんへ

双日システムズのホームページをご覧いただきまして有難うございます。

双日システムズは、双日グループの一員として、あらゆるビジネスにおいて、「お客様の一歩先の思いを実現し、信頼され選ばれ続けるパートナーになる」という考えを社員全員が常に念頭において行動することを心掛けています。

これは、表面に現れているニーズのみならず、そのニーズの基となる思いや影響を与えることを含め、お客様が最大限の満足を感じていただけるようITというツールを使いソリューションを提供し続けることを意味しています。我々は企業の一員であると同時に、社会の一員として常に必要とされる存在でありたいと考え、顧客ニーズ以上のソリューションを提供し続ける、そこに存在価値があると考えています。

我々が属するIT業界は、昨今スマートフォン、タブレット端末の著しい普及、新たなコミュニケーション手段として、Facebook、LINEに代表されるSNSの活用など、個人からビジネスに至るまで大きな変化があり、更に変化の流れは驚異的なスピードとなっています。ほんの少し前の最新技術が直ぐにスタンダードとなり、また新たな技術や仕組みが次々と生まれる環境です。

そんな業界の中で成長していくためには、常に最新技術を取り入れる柔軟性とあくなき探究心が必要です。直ぐには能力を発揮できないかもしれませんが、そのポテンシャルを持って自己研鑽をしていくならば必ず企業人として成功していくことでしょう。そんな10年後20年後のIT業界を牽引していく方々と一緒に仕事がしたいと思っています。

面接ではみなさんのありのままを見たいと思っています。よく言われますが、採用というのは正に「ご縁」だと考えます。選考の合否は人の優劣では無く、あくまでも双日システムズが求めていることとみなさんが求めていることがマッチするか、マッチする可能性が高いかどうか、これがポイントですので、ありのままを見せていただくと大変嬉しく思います。面接の場は、みなさんが『会社を選ぶ』対等な場面。説明会・面接では「ありのままの双日システムズ」をお見せすることを意識しています。但し、一点考えておいていただきたいのは、我々採用担当者にとっては採用選考もビジネスの一場面。プレゼンテーションの準備が出来ていなければやはりビジネスの場面では良い結果は生まれません。採用の場面で考えてみると、自分の考え、今後の自分の成長イメージ、弊社とマッチすると思う点、および自分を雇うとこんなメリットがあるなど準備してきていただけると、皆さんを理解しやすいと思います。

求める人材像
ITスキルがあるにこしたことはありませんが、学部不問としています。入社後研修を準備していますので、自分自身でキャッチアップしていただく必要はあります。求める人材のキーワードの一つは「自立」している方。自分の考えを持っている、自分の強み/弱みを把握し、強みを伸ばす活動や、弱みを補う活動を意識している方。二つ目は「想像力」を持って相手のニーズのその先を読み取り行動できる方。常に顧客視点に立てる方。求める人材としてはこの点を重視します。「自立」は先に述べたように、常に新たな技術やニーズが生まれる業界なので、最新情報のキャッチや必要知識の習得、また正しい情報の見極めなど、外部環境に左右されず、この状況下で自分自身が何をするべきかを考えて行動できる人を求めます。「想像力」に関しては、何事も一人で行なうわけではありませんので、お客様・同僚・メンバー・部下・上司・パートナーのニーズをいかに察知し、ニーズ以上のOUTPUTを出せるか、また出そうと努力できる人を求めます。言い換えれば、これは「お客様(相手)の一歩先の思い」をつかむ力と言えます。最後にもう一つ。やはり「IT志向」は必要ですね。

三種の神器
この業界を志望される学生の方へお伝えしたいこととして、双日システムズのみならず、若い時代に身に付けてほしいスキルが3つあります。「IT技術」「会計知識」「語学力」の3つで、我々はこれらを「三種の神器」と呼んでいます。双日システムズはBtoBのビジネスを展開している企業であり、お客様のニーズを正確につかむには業務知識が必要不可欠、お客様と同じ言葉で話が出来なくてはなりません。そのため「会計知識」に代表される業務知識を習得する必要性が出てきます。次にお客様のニーズを聞き取った後、ITソリューションへと展開するには当然IT知識・技術が必要です。そして今後益々進むであろうグローバル化に備え、語学力の向上が必要と考えています。若い時代に資格取得を積極的に行ない、知識習得をお勧めしています。

キャリアパス
双日システムズでは、若い世代に幾つかの職種を経験してもらい、キャリア10年を目処に専門領域を深めるようなキャリアパスを想定しています。これは技術の偏りを極力減らすこと、また自ら領域を狭めず視野を広げ色々なチャレンジをしてもらいたいことを考えて社内ローテーション/社内インターンを取り入れています。選択の幅を広げ成長に繋げてもらいたいと考えています。


最後に
双日システムズにはたくさんの可能性があります。高付加価値なサービスを持っている点、多くのお客様とお取引をいただいている点、優秀な社員がそろっている点、上流工程から下流工程まで全ての工程でお客様に価値提供ができる点など。社内はコミュニケーションが取りやすい環境であり、提案制度や社内公募など、自らが手を挙げ意見が出せる社風です。この環境下で良い仕事ができるかどうか、成長していけるかどうか、社会に貢献できるかどうかは、みなさん一人一人のポジティブな姿勢と前向きな努力次第だと思っています。そのようなみなさんとご縁がつながればこれほど嬉しいことはありません。

就職はゴールでは無く、職業人としてのスタートです。成功はみなさんの中にあります。
説明会でお会いすることを楽しみにしています。