株式会社マツオカコーポレーション様 【製造業(アパレル)】 - GRANDITCase Study


SCMシステムと経理システムを統合し、生産効率の向上と経営情報の「可視化」を実現。

カスタマープロフィール

matsuoka_logo 企業名 株式会社マツオカコーポレーション
所在地 広島県福山市宝町4-14
業種・業界 製造業(アパレル)
事業内容 メンズ・レディースのフォーマルウェアから
カジュアルウェア、スポーツウェア、ユニ
フォームウェアまでの縫製、洗い加工、
生地開発と生産、及び貿易業務
資本金 4億9474万5千円
売上高 232億円
従業員数 92名 
導入モジュール 債権、債務、経理

マツオカコーポレーション様はメンズ・レディースのフォーマル、カジュアルからデニム、スポーツ、ワークウエアの領域まで、あらゆる縫製を手掛けるOEM専業の総合アパレルメーカー。
年間取り扱い点数は1300万点におよび、関連会社も含め中国を中心に海外16カ所へ工場を展開しています。

事例概要

マツオカコーポレーション様では急速にビジネスが拡大していく中で純国産ERPパッケージ「GRANDIT」を導入し、基幹システムを刷新。
SCMシステムと経理システムを統合し、生産効率の向上と経営管理情報の「見える化」を実現しました。

課題

  • SCM(サプライチェーンマネジメント)をサポートするシステムの実現
  • SCMと債権債務・経理システムの統合
  • データ入力作業の負担軽減
  • リアルタイムで正確な経営管理情報の提供

導入効果

  • 正確な経営情報のリアルタイムでの把握
  • 経営判断のスピードアップ
  • 業務効率の向上

事例詳細

年間取り扱い点数1300万点、OEM形態の総合アパレルメーカー

株式会社マツオカコーポレーションの経営企画室長 岡田智明 取締役と経理部 経理課 白木裕之 課長にお話を伺った。

-- マツオカコーポレーションの概要を教えてください。

(岡田氏)
当社は、メンズ・レディースのフォーマル、カジュアルからデニム、スポーツ、ワークウエアの領域まで、あらゆる縫製を手掛けるOEM専業の総合アパレルメーカーです。

本社は広島県ですが、関連会社も含め中国を中心に、海外16カ所に工場を展開しています。

-- 貴社の強みとは何でしょうか。

現在、年間取り扱い点数は1300万点におよびますが、これだけの点数の商品を、確実にコミットメントできるアパレルメーカーはそれほど多くないと思います。

また、1999年に国内工場をすべて閉鎖し、中国などの海外工場に生産体制を移行しましたが、国内生産品に劣ることのない品質を維持しながら、低コストで商品を供給できる生産・流通体制を維持・拡大していることも、数多くのお客様からご支持いただいている理由の一つだと考えています。

基幹システムの再構築にGRANDITを採用

-- GRANDITを導入された経緯を教えてください。

matsuoka_okada_sama(岡田氏)
基幹システムの再構築を検討開始した2005年頃、おかげさまで当社のビジネスは急速に拡大している最中でした。

当時、生産・物流体制を効率化し、高品質な商品を低コストで提供できる体制を維持していくためには、企画から、受注、資材調達、生産、納品まで、すべての段階における資材の調達状況や生産の進捗状況、そして在庫情報をリアルタイムで管理できる、いわゆるSCM(サプライチェーンマネジメント)をサポートするシステムの実現が重要だと考えていました。

とはいえ、現在のようにSCMシステムと債権債務・経理システムが統合された姿を最初からイメージしていたわけではなく、新たに構築するSCMシステムからそれまで利用していた経理システムへとデータのやり取りができればいいという程度ではありました。

-- なぜSCMと債権債務・経理システムを統合するERPシステム(GRANDIT)を導入するという結論になったのですか。

(岡田氏)
当時、システム導入のコンサルティングをお願いしていた方から、「そのようなシステムでは、燃料計も、スピードメーターも、カーナビも、搭載していない車で走っているのと同じで、いくらスピードの出るエンジン(SCM)を導入しても、現在、どのくらいの速度で、どこを走っていて、いつまで走れるのかわからないまま、会社を経営しているようなものです。」とアドバイスを受けたこと今でも思い出します。

もちろん、この言葉がすべてではありませんが、さらにビジネスを拡大させながら、生産・流通のスピードアップと効率化、そして精度向上を実現するためには、精ちな経営管理情報をリアルタイムかつ明確に把握できる体制を早い段階で構築しておく必要があるのは間違いありませんので、GRANDITで基幹システムを再構築することにしました。

基幹システムの全体イメージ図

matsuoka_system_image

-- GRANDITを導入する前は、どのような状況だったのでしょうか。

(白木氏)

生産や流通など社内から上がってきた数字を取りまとめ、会計システムにデータを移し換えていました。

今考えると、その作業だけでもかなり面倒だったのですが、以前のやり方では、データが二重入力される可能性もあり、データのチェックも必須で、それぞれの作業を表計算ソフトウエアで行っていましたので、操作ミスなども発生しかねない状況でした。

当然、リアルタイムで正確な経営管理情報を提供するのは難しい状況でした。

GRANDIITを選んだ四つの理由

-- なぜ、GRANDITだったのでしょうか。

(岡田氏)
私自身は、ソフトウエアの詳細な仕様や機能などはわかりませんので、当社がシステムを構築する上で考えていた要件についてお話ししたいと思います。

その要件とは、主に以下の四つです。

(1)当社のビジネスモデルに合わせて、SCMシステムを構築できること
(2)グローバルに展開する当社工場の情報をリアルタイムで把握できること
(3)日本の商取引が会計に連動し、外貨建取引も並列的に管理できること
(4)拡張性と信頼性に優れ、使いやすいシステムであること

これらの要件に、GRANDITが適していたということが選択理由になります。

-- 順々にお聞きします。まず「(1)ビジネスモデルに合わせて、SCMシステムを構築できる」とは。

(岡田氏)
先ほどもお話ししました通り、SCMシステムを導入することで、ムリ、ムダ、ムラをなくし、市場ニーズへと迅速かつ柔軟に対応できる体制を実現することが、最重要課題でした。

GRANDITはERPパッケージソフトウエアということですが、当社の場合は、GRANDITをベースにSCMシステムをアドオンとして開発したと聞いています。

債権債務経理システムとSCMシステムの統合はもちろん、EDI(電子データ交換)を介した工場の生産管理システムとの連携をはじめ、自動倉庫システムやハンガーシステムとも連携させることで、効率的なSCMを構築でき、とても満足しています。

-- 「(2)グローバルに展開する当社工場の情報をリアルタイムで把握できる」とは。

matsuoka_shiraki_sama
(白木氏)
SCMを導入する目的の一つになるかと思いますが、これはシステムのインフラストラクチャという視点で考えたとき、すべての工場が海外にある当社の場合は、インターネットさえ接続できれば、どこでも利用できる完全なWeb-ERPというのは、メリットが大きいということです。

当然、各拠点にサーバーを設置する必要もありませんし、クライアントソフトウエアのバージョンアップなどによる現地の作業も不要となりますので。

-- 「(3)日本の商取引が会計に連動し、外貨建取引が並列的に管理できる」とは。

(岡田氏)
当社は海外で生産した商品を国内に持ち込みますので、円貨での管理は当然ですが、附属明細表などを考慮すると「外貨建」機能を標準でサポートしているというのは、とても魅力的で欠かせない必須条件でした。

また、「日本の商取引が会計に連動する」ことは、基幹システムと会計システムが相互連携するということです。今では当たり前のことですが、さらに、「GRANDITを導入するのであれば、会計機能はカスタマイズせず、そのまま利用するように」と、監査法人の方からアドバイスを受け、それがこのGRANDITに決定する大きな要素になりました。

-- 「カスタマイズなし」とはどうしてですか。

(岡田氏)
GRANDITには、会計システムに関する内部統制のフレームワーク(規定や規格)、すなわちあるべき仕組みが反映されているので、システムに手を加えずに使用すれば、それで会計システムに関しては内部統制を整備していることになるからです。

-- 「(4)拡張性と信頼性に優れ、使いやすいシステム」とは。

GRANDITはオープンな技術(ASP.NET、Microsoft SQL Server)を用いて開発されているので、当社のSCMシステムを新規開発したように、今後、機能の拡張やカスタマイズが必要な場合でも、容易だということです。

また操作性に関しても、GRANDITは完全Web対応ということで、メンテナンスも容易で、Webブラウザだけで簡単に操作できる、という点です。

結果として、「業務の効率が上がった」「仕事がやりやすくなった」

-- 実際に、基幹システムを再構築した効果はありましたか。

(岡田氏)
基本的には当初の狙い通り、SCMが効率化され、データの整合性も取れるようになり、正確な経営情報をリアルタイムで確認できるようになりました。

(白木氏)
詳細な情報はレポートでまとめていますが、PCの画面からさまざまな切り口で情報を分析できるので、経営判断をスピードアップできただけでなく、その結果を見ながら、各部署もスピーディーな対応ができるようになりました。

-- 現場における導入後の反応はどうでしょうか。

(白木氏)
導入当初は、「前のシステムの方がよかった」「経理が楽になっただけでは」「システムのために仕事をしているわけではない」といった声も聞かれました。

これは、慣れ親しんできた仕事のやり方が変われば、ある意味、当然の反応でした。あるべき手順で仕事を進めなければならなくなったので、これまでやらなくて済んでいたことも、対応しなければならなくなったわけですから。

しかし、導入してしばらくたつと、そのような声は少なくなり、むしろ「業務の効率が上がった」「仕事がやりやすくなった」という声が聞かれるようになりました。

システムに慣れたとも言えますが、自分たちのしている作業が、結果として見えるようになったからだと思います。

(岡田氏)
経営者側も、現場に対しては、いきなり運用ルールなどで縛るのではなく、まずはとにかく使って慣れてほしいということを伝えました。

ビジネスが拡大していく中で、生産性を向上させ、さらに利益を上げていくためには、これまでのやり方では通用しなくなるときがくるかもしれない。そのときに慌てるのではなく、今から準備をしておこうと。

少し時間はかかったかもしれませんが、その成果は着実に出ていると思います。

-- 今後、システムを拡張する予定などはありますか。

(岡田氏)
大きな変更や拡張の予定はありませんが、システムの適用範囲をすべての関連会社に拡げていく予定です。

-- GRANDITに対する要望などはありますか。

(白木氏)
仕様上の要望は、システムの構築時にいろいろとお願いして、可能な部分に関してはほとんど対応していただきました。

細かい部分では、もっとこんな風に操作できれば便利だと思う部分もありますので、今後、改善されていくことを期待しています。

-- 最後に弊社、GRANDITに対するメッセージをいただけますか。

(岡田氏)
御社には、基幹システムの再構築にあたり、ご協力いただき、とても感謝しております。
また、GRANDITのような国産のERPソフトウエアというのは意外に珍しいということなので、ぜひ、がんばっていただければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

本事例で導入されているソリューション・サービスについてのご案内

本事例で導入されているソリューション・サービスの詳細、お申し込み方法等については、詳細ページをご覧ください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。