森六グループ様          【商社(化学品・製造販売)】 - GRANDITCase Study


商社業務に適合するERPと商社テンプレート(マスタ集)を活用し、
低コスト・短期導入を実現

カスタマープロフィール

森六HDロゴ.png 企業名 森六グループ
[森六ホールディングス(株)、森六ケミカルズ(株)、
森六テクノロジー(株)、関係会社27社]
所在地 東京都港区南青山一丁目1番1号 
新青山ビル東館18階
業種・業界 商社(化学品・製造販売)
事業内容 化学品、自動車部品などの製造・販売
資本金 16億4千万円
従業員数 連結 3,870名
導入モジュール 販売、調達・在庫、経理、債権、債務、経費
連携ソリューション 商社テンプレート(マスタ集)、Dr.Sum、SVF

森六グループ様は1663年(寛文3年)に創業され、350年以上の歴史を持つ企業様です。
化学品やプラスティック事業を中心とした森六ケミカルズ㈱と自動車部品事業を核とする森六テクノロジー㈱、その持ち株会社である森六ホールディングス㈱を中心に国内外で幅広く事業を展開されています。

事例概要

森六グループ様の旧システムはスクラッチで開発されたものでした。
システムの老朽化とともに相次ぐ機能の追加・変更に伴い複雑化、肥大化が進み、その保守・運用に多くの人的リソースを必要としていました。
また、持ち株会社制への移行、法制度の変更という環境の変化への対応を行うためにも、戦略的な販売・会計システムの導入を検討することとなりました。 

1年以上をかけてスクラッチを含む幅広いシステム導入の調査、比較・検討を行い、環境の変化に柔軟に対応すべくパッケージ製品を選択。
数あるパッケージ製品の中でも「GRANDIT」の日本の商習慣を熟知した販売管理モジュール、双日システムズの商社向けマスタ集による短期導入開発・導入実績をご評価いただきました。

また、導入後は社内に専任の問い合わせ窓口を設置、弊社の保守チームと文書の共有とノウハウの蓄積を行っています。

課題

  • 旧システムの老朽化
  • 持ち株会社制への移行や法改正など環境の変化への迅速な対応
  • 導入・運用コストの削減
  • 保守運用の人的リソース削減

導入効果

  • 業務の標準化により組織変更、ビジネスプロセス変更等に柔軟に対応可能
  • 制度変更に迅速に対応可能、IT統制機能が標準で装備
  • 商社マスタ集による導入時のコスト、システム運用要員の削減を実現
  • システム運用要員の削減とシステム企画担当者の確保

事例詳細

新システムに求める主な要件

森六グループ様では持ち株会社制への移行、税法制度変更、JSOX法への対応などの環境の変化に伴い戦略的な販売・会計システムの導入を検討されました。 その新システムに求められた主な要件は下記の通りです。

  • システム導入費/ランニング費用の低減

    ハードウェアを高価なUNIXサーバーから安価なWindowsサーバーへ切換え

  • 委託先/開発担当者個人に依存しないシステム

    長期に亘って安定運用が可能なパッケージ製品の活用を検討

  • 災害発生時の影響範囲の最小化

    DR対策としてデータセンターの活用、
    遠隔地バックアップの導入検討

  • 内部統制機能の実装

    インプット/アウトプットコントロール、操作履歴、ログ監視等、IT監査をクリアできる統制機能を実装

スクラッチか、パッケージ製品か

上記要件を満たすために「現行のスクラッチ開発システムの改良」、「パッケージ製品の導入」の二通りの方法を検討しましたが、スクラッチシステムの改良では規模が大きくなりプログラムが肥大化、管理も複雑化するため要件を満たすことが困難と判断しました。

パッケージ製品でシステムを構築するメリットと課題

 森六グループではパッケージ製品を採用するメリットと課題を下表の様に整理しました。

パッケージ製品のメリット 課題

・ハードのサポート終了時にも安価に入替えが可能
・商社テンプレートの採用により導入期間を短縮
・導入ベンダーの保守サポートを活用し要員を削減
・J-SOX、IT統制に対応する機能を装備
・税制変更に対して迅速に対応

・パッケージ機能に合せた業務の運用変更が必要
・カスタマイズを行うと標準パッチが適用できなくなる
・製品ライセンス費用とカスタマイズ分に保守料が発生

上記より、商社業務に適合するERPパッケージ「GRANDIT」を双日システムズの商社テンプレート(マスタ集)を活用して導入し、低コスト・短期導入を目指すこととなりました。

選定理由・評価ポイント

  • 双日システムズが得意とする商社テンプレート(マスタ集)
  • 双日システムズの短納期開発事例・導入実績
  • 国産ERPパッケージであり、日本の商習慣を熟知した販売管理モジュール

新販売会計システム構成

moriroku_system_image002

現場の問合せへの対応

森六グループでは双日システムズと運用保守契約を締結し、迅速に対応できるサポート体制を確立しました。
本稼動開始後4カ月間は、双日システムズ技術担当者が常駐し対応し、それ以降は双日システムズの GRANDIT保守、専任チームによるサポート体制(VPN接続)を構築。
決定事項に関しては双方で協議の上、GRANDITシステム保守規定を作成し、運用を遵守することとしました。

また、毎年のIT監査の指摘事項を改善し、GRANDIT運用に反映するようにしました。

2011年3月からは、森六グループ様社内に問合せ窓口(2名)を専任し、双日システムズへの問合せを一本化することで、双日システムズ保守チームへの問合せ依頼はEメールにて行われ、文書の共有とノウハウの蓄積が行われています。

moriroku_support_image002

森六350年史に刻まれた戦略システム

戦略的販売・会計システムの導入

P0figure04.png

森六グループ様は持株会社制への移行を背景に、GRANDITによる新販売・会計システムを構築を行い、その実績は350年史に戦略システムの導入として掲載されました。

本事例で導入されているソリューション・サービスについてのご案内

本事例で導入されているソリューション・サービスの詳細、お申し込み方法等については、詳細ページをご覧ください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。