森六グループ様          【商社(化学品・製造販売)】 - GRANDITCase Study


商社業務に適合するERPと商社テンプレート(マスタ集)を活用し、
低コスト・短期導入を実現

カスタマープロフィール

森六HDロゴ.png 企業名 森六グループ
[森六ホールディングス(株)、森六ケミカルズ(株)、
森六テクノロジー(株)、関係会社27社]
所在地 東京都港区南青山一丁目1番1号 
新青山ビル東館18階
業種・業界 商社(化学品・製造販売)
事業内容 化学品、自動車部品などの製造・販売
資本金 16億4千万円
従業員数 連結 3,870名
導入モジュール 販売、調達・在庫、経理、債権、債務、経費
連携ソリューション 商社テンプレート(マスタ集)、Dr.Sum、SVF

森六グループ様は1663年(寛文3年)に創業され、350年以上の歴史を持つ企業様です。
化学品やプラスティック事業を中心とした森六ケミカルズ㈱と自動車部品事業を核とする森六テクノロジー㈱、その持ち株会社である森六ホールディングス㈱を中心に国内外で幅広く事業を展開されています。

事例概要

森六グループ様の旧システムはスクラッチで開発されたものでした。
システムの老朽化とともに相次ぐ機能の追加・変更に伴い複雑化、肥大化が進み、その保守・運用に多くの人的リソースを必要としていました。
また、持ち株会社制への移行、法制度の変更という環境の変化への対応を行うためにも、戦略的な販売・会計システムの導入を検討することとなりました。 

1年以上をかけてスクラッチを含む幅広いシステム導入の調査、比較・検討を行い、環境の変化に柔軟に対応すべくパッケージ製品を選択。
数あるパッケージ製品の中でも「GRANDIT」の日本の商習慣を熟知した販売管理モジュール、双日システムズの商社向けマスタ集による短期導入開発・導入実績をご評価いただきました。

また、導入後は社内に専任の問い合わせ窓口を設置、弊社の保守チームと文書の共有とノウハウの蓄積を行っています。

課題

  • 旧システムの老朽化
  • 持ち株会社制への移行や法改正など環境の変化への迅速な対応
  • 導入・運用コストの削減
  • 保守運用の人的リソース削減

導入効果

  • 業務の標準化により組織変更、ビジネスプロセス変更等に柔軟に対応可能
  • 制度変更に迅速に対応可能、IT統制機能が標準で装備
  • 商社マスタ集による導入時のコスト、システム運用要員の削減を実現
  • システム運用要員の削減とシステム企画担当者の確保

事例詳細資料のダウンロードはこちらから

本事例の詳細資料をダウンロードしていただけます。下記よりお申し込みください。

https://www.sojitz-sys.com/solution_service/grandit/tag_siryou.html

本事例で導入されているソリューション・サービスについてのご案内

本事例で導入されているソリューション・サービスの詳細、お申し込み方法等については、詳細ページをご覧ください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。